×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

         
  おとなの島歩き  島のアルバムのページ・姉妹サイト 河合曽良の墓   
 
おとなの島歩き(PC・携帯兼用)   まだまだあるよ・しま歩き!!  
トップページ   リンク   サイトマップ  
 
 
     
     
 
港町散策 島の古墳めぐり 島のへそ歩き 壱岐潮風ウォ−ク
無人島を歩く   一支国ウオーク   焼酎ウオ−カー   いつもの寄り道帰り道  
 
 
     
     
 
             
      河合曽良の墓

河合曽良は、芭蕉(松尾芭蕉)門十哲の一人で、慶安二年(西暦一六四九年)信州上諏訪に
生まれる。

幼くして、両親、養父母を相次いでなくし、伊勢長島の伯父の家で成人し、長島藩に仕えたが、
長島松平家の滅亡後、江戸に下り、松尾芭蕉の門に入り河合曽良と号した。

師の「奥の細道」の旅に従い、後世、曽良随行日記とよばれる旅行記を残している。

曽良は宝永七年(西暦一七一〇)三月一日、幕府巡検使の一行とともに江戸を発ち、
五月六日郷ノ浦港に上陸し一泊後の翌日、勝本に入った。

病をえた曽良は対馬へ向かう一行と勝本で別れ、海産物問屋中藤家に逗留し同月二十二日に
没した。享年62歳。墓は勝本城跡中腹の中藤家の墓地にある。

※関連サイト
河合曽良略年譜   河合曾良句碑一覧     旅びと曽良の生涯
河合曽良 | お知らせ | 諏訪市   平泉の観光は河合曽良句碑も訪ねて見よう   
     
         
       壱岐 勝本 曽良の墓      
             
      壱岐 勝本 曽良の墓       
             
      壱岐 勝本 曽良の墓       
             
 
     
  このページの先頭へ戻る   
     
     
     
 
         
著名な句
   
くまの路や分(わけ)つゝ入れば夏の海
       
卯の花に兼房見ゆる白毛(しらが)かな 春にわれ乞食やめても筑紫かな
       
松島や鶴に身をかれほとゝぎす 湯殿山銭ふむ道の泪かな
       
行き行きてたふれ伏とも萩の原     かさねとは八重撫子の名成べし
   
         
 
 
     
     
  このページの先頭へ戻る   
     
 
     
勝本浦散策ルート      
@ 鯨組・土肥家の阿房塀 A 長四郎塚  B 諏訪大社の御柱  C 勝本朝市    
D 原田酒造1 2 E 旧泉屋商事 F 朝鮮通信使接待所跡 G 聖母宮 
H 馬蹄石 I 鯨供養塔 J 対馬屋敷の跡 K 河合曽良終焉の地 
    印鑰神社    つたや旅館跡    洋館跡    
    ぶらり勝本浦町歩き    持送り    格子   勝本漁港
勝本城跡 城山公園 曽良の墓 イルカパーク 勝本港近郊
     
               
             
     ぶらり港町第2弾!      ぶらり港町第3弾!    
       
       
 
 
 
     
 
           
    流木アートの店 チェリオ        
           
 
     
   このページの先頭へ戻る  
     
     
     
 
 港町散策  島の古墳めぐり  島のへそ歩き  壱岐潮風ウオーク
無人島を歩く  一支国ウオーク  焼酎ウオ−カー いつもの寄り道帰り道